家出をする理由と年齢

Yd4zrQsANe / 2014年9月30日

自宅を飛び出す家出少女が増加していることが課題になっています。
年齢によって家に戻らない女の子の数を確認してみると、20歳以下で1万人で、20歳以上では大体2万人ということです。
ちなみにこのデータは2009年の統計でして、警察に探して下さいとお願いされているケースだけをピックアップして数えています。

ということは、本当に家に戻らない女の子はより存在するといえますね。
どうしてかといえば、ちょっとした家に戻らないというのは、高校に通う女の子が非常にたくさんいるからです。
ちょっとした家に戻らないという行為は、モバイルフォンだけで身内に連絡しているけれど、家に戻らないという場合を意味します。

身内も電話がくるから平気だと感じてしまい、警察にいくまでにはなりません。
けれども長期的に家を出ているケースだと、30日近くほぼ家に戻らない場合も存在するようです。
冷静に目にしてみても、それは変なアクションなのですが、身内も当本人もそこまで意識していないみたいです。

とりわけ、夏期休暇などの長い休みの際は、ちょっとした家に戻らない高校生の女の子が増加します。
最終的に自宅にもどらないのは、家族に問題がある女の子が大半です。
問題の中身は色々あります。

具体的にいえば、父親が酒乱で殴ってくる、両親が教育熱心すぎて煩わしいので、いつももめている、学校に通いたくないという感じです。
このような問題を持っている女性は、内面も安定していないので、自宅を出る事を機に、大事件の巻き添えになるリスクもあがるのです。

しかし、近頃は友人と過ごす方がおもしろいからというフラットな感覚で、ちょっとした家出をする場合もかなりあるようです。
自宅に戻らないことにたいする感覚は、ちょっとずつ減少してきているといっても問題ないでしょう。